#21
2017-06-14

アサガオは、どうして朝に咲く?

7月から10月にかけて、見頃を迎えるアサガオ。小学生の頃に、学校で育てたことがあるという方も多いのではないでしょうか。ところで、アサガオが朝にしか花を咲かせないことはご存知だと思いますが、それにはどんな理由があるか知っていましたか?

アサガオは朝に咲くと言っても、その開花がはじまるのは早朝、まだ日の出前の薄暗い時間。つまり、太陽の光を浴びて花を咲かせるというわけではないのです。

アサガオの花は、太陽の光を感知して咲くのではなく、日没から8~10時間ほどで開花する特性を持っています。日の出の時間よりも、実は前日の日没時間に深く関係していたんですね。

ちなみに、朝に咲いたアサガオの花が、お昼頃にしぼんでしまうのは、暑さや乾燥で花びらの水分が蒸発してしまうから。だから、しぼむ時間はその日の気温や湿度の影響を受け、少しずつ変わります。

アサガオは、花が咲いてからしぼむまでが1日の一日花。それも、朝にしか花を咲かせません。みなさんもお子さまと一緒に早起きして、ぜひ観察してみてください。

コラム一覧へ

すでに会員の方 ログイン