#20
2017-06-12

生クリーム、バター、チーズ、みんな生乳からできている!

牛乳、生クリーム、バター、チーズ…どれも私たちの食卓に欠かすことのできない、乳製品。すべて、牛のミルク《生乳》からつくられていることはご存知だと思いますが、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。今回はその違いをご紹介します。

◆牛乳
牛の乳から搾った生乳を加熱処理したもの。生乳に含まれる小さなゴミを取り除き殺菌したものが、普段私たちが口にしている牛乳です。
◆生クリーム
遠心分離で生乳から乳脂肪分を取り出したもの。因みに、生乳から乳脂肪分を取り除いたものが脱脂乳、いわゆる、スキムミルクです。
◆バター
生乳から抽出したクリームを、さらに撹拌したもの。クリームに含まれる乳脂肪分を覆うたんぱく質が撹拌することで壊され、脂肪同士がくっつくことでバターになります。
◆チーズ
生乳に乳酸菌やカビ、酵素などを加えて、生乳に含まれるたんぱく質や脂肪を固めたもの。水分を抜き、熟成させると、おいしいチーズになります。
みなさんは、いくつご存知でしたか?身近な食材も、改めて調べてみると新たな発見があるかもしれません。

コラム一覧へ

すでに会員の方 ログイン