#16
2017-05-26

「狐の嫁入り」ってどんな雨?

一口に「雨」と言っても、四季の変化に富んだ日本には、雨を表す言葉がたくさんあります。ここでは、その一部をご紹介。どんな雨なのか、お子さまと一緒に当ててみてください!

クイズ ①
「狐の嫁入り」ってどんな雨?
こたえ ①
お天気雨のこと。晴れた日には、狐の嫁入りがあるという伝説に由来しているといわれています。晴れているのに雨が降るふしぎな空模様を、昔の人は狐につままれたような気分で見ていたのかもしれませんね。
クイズ ②
「喜雨(きう)」ってどんな雨?
こたえ ②
夏に日照りが長くつづいたあとに降る雨のこと。恵みの雨とも呼びます。日照りのあと、大地を潤し農作物の成長を助ける雨は、まさに「喜びの雨」という表現がぴったりですね。
クイズ ③
「春雨」ってどんな雨?
こたえ ③
春に、しとしとと降りつづく優しい雨のこと。寒い冬が終わり、春に降る雨で草木が元気に芽吹くことから、昔の人は恵みの雨と捉えていたようです。ちなみに、私たちが普段よく口にしている「春雨」も、これが語源。透明でやわらかな様子から、この名前がつきました。

みなさんは、いくつ当たりましたか?「この雨は、なんて言う名前だろう」、そんなことを思いながら、雨の季節を楽しく乗り切りましょう!

コラム一覧へ

すでに会員の方 ログイン