#12
2017-05-07

アマガエルが鳴くと、雨が降る?

クワックワッ。春から夏にかけての季節、田んぼや池の近くでよく耳にするこの鳴き声の正体は、緑色の小さなカエル、アマガエル。皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

一般的にカエルが鳴くのは、繁殖期にオスがメスに自分の存在を知らせたり、自分の縄張りを知らせるため。しかし、ほかのカエルとは違い、アマガエルは雨の前や降り出したときにもよく鳴くことから、この名前がつけられました。

アマガエルが雨のときに鳴く現象は「雨鳴き」と呼ばれ、よく鳴いたときに雨が降る確率が高くなるという調査結果もあります。ちなみに、アマガエルが雨のときに鳴くのは、気圧や湿度の変化を敏感に感じ取っているからから。でも、その理由について、実はまだ詳しいことは分かっていません。

アマガエルは個体数が多く、都心部の公園や池などでも観察することができます。小さくてかわいいアマガエルですが、その体からはカビや細菌から身を守るための毒が分泌されています。アマガエルを触った手で、目や傷口を触らないように気を付けましょう。皆さんも、雨の日に聞こえるアマガエルの元気な声に、ぜひ耳を澄ませてみてくださいね。

コラム一覧へ

すでに会員の方 ログイン