#1
2017-04-17

空に向かって育つ野菜って何?

皆さん、これ何だか分かりますか?

実はこれ、4~6月に旬を迎える食材、ソラマメです。

世界最古の農産物のひとつとも言われ、古くは4,000年ほど前から、北アフリカや 西アジアで栽培がはじまったと言われています。日本に伝わったのは、およそ1,200年前。 そこから日本各地で栽培が盛んに行われるようになり、私たちのおなじみの食材になりました。

ところで、なぜ「ソラマメ」というかご存知ですか?

ほかの豆類はさやが下を向いて成長するのに対して、空に向かってぐんぐんと成長する様子から、 この名前が付いたと言われています。

またソラマメは、「蚕豆」と書くこともあります。 これは、さやの形が蚕に似ているから、蚕が繭をつくる時期においしくなるから、 ソラマメのさやの内側の綿が繭に似ているから、と諸説あります。

皆さんも、畑で見かけた際には、ぜひ空に向かって勢いよく成長するソラマメを、 観察してみてくださいね。

コラム一覧へ

すでに会員の方 ログイン