#8
2017-07-22

「体験報告」千葉の里山で楽しもう!【第2回】納涼 流しそうめん&ホタル観賞

7月22日(土)、千葉県匝瑳市の農家さん・みやもと山さんのお宅にお邪魔して、流しそうめん&ホタル観賞をしました。

まずは、農家さんのご紹介。みやもと山の齊藤さんファミリーです!

ご存知の方もいますよね?そう、5月の田植え&タケノコ掘り体験でお世話になった農家さんです!

そして今日はもう1人、スペシャルゲスト。

竹のスペシャリスト・青木先生です!テレビなどにも出演されるほど、竹を知り尽くしたすごーい方なんですよ。
ごあいさつが終わったところで、竹工作タイム!今回は、流しそうめんで使うそば猪口、キャンドルスタンド、竹ぽっくりを作りました。

まずは、青木先生のお手本。

そして、みんなでギコギコギコ。

「みてみて、できたー!」と、できたてそば猪口ではしゃいだり、

「ねぇねぇママ、歩けるようになったよ!」と、竹ぽっくりで歩いてみたり、

「これで、戦うんだ!」と、竹の新しい遊び方を発見してみたり。

色んな形に姿を変える竹に、終始大興奮の子どもたちでした。
竹工作のあとは、お待ちかねのお食事タイム。
齊藤さんのお母さんとお姉さんのお手製料理に舌鼓!お野菜や卵にお肉、どれも齊藤さんが大切に育ててこられたものです。

そして、いざ、流しそうめん!

「わーい!こんなに取れたよ!」「早く!もっとたくさん流して!」「冷たくて、おいしい!」「先生の分も取ってあげるよ!」

あちこちであがる、子どもたちの大歓声。自分たちで作ったそば猪口で食べる流しそうめんは、普段とは一味も二味も違ったようです。みんな、パパ・ママが驚くほどモリモリ食べてくれました。
そして、最後はホタル観賞。田んぼへGO!

「この前、田植えをした田んぼだ!」と、子どもの声。そう、5月にみんなで田植えを行なった、あの田んぼです!「2ヶ月でこんなに立派に成長するんだね!」と、パパ・ママもビックリした様子。秋の稲刈りも、楽しみですね。

そして、日暮れた田んぼにどこからともなく現れた優しくて小さな灯り、ホタル。

「みてみて!あそこにいるよ!」「ホタル、きれい!」ここでも、子どもたちから歓声があがります。最初は1匹、2匹だったのが、8時近くにはたくさん姿を見せてくれました。

こうしてたくさんのホタルが見られるのは、きれいな水があるというだけでなく、農薬などを使わず自然と共存する齊藤さんや地域の農家さんの努力があるからこそ。そんなことも、学んだホタル観賞でした。

体験にご参加いただきました皆さま、暑い中、本当にありがとうございました。また、ご協力くださいました齊藤さんファミリーの皆さま、青木先生、ありがとうございました!

コラム一覧へ

募集中の体験プログラム

すでに会員の方 ログイン