• ホーム
  • コンセプト
  • 施設情報
  • イベント情報
  • スクール情報
  • FAQ
  • アクセス
Event Index
お問い合わせ 03-6805-1661
メールでのお問い合わせ
自然と遊ぶ、自然と学ぶ。 元麻布農園 ブログ
Event Info.

【イベントレポート】石巻 後藤家の牡蠣祭り

| コメント(0) | トラックバック(0)
image.jpg

今回元麻布農園で行われたイベントは、

石巻の牡蠣をみんなで食べ、復興支援に繋げようものです。
石巻で牡蠣漁をする後藤さんが直々に殻付きの牡蠣をお持ちいただき、イベントがスタートしました。

E.jpg

殻つきのまま運ばれてきた牡蠣はとても大きく、中身はプリプリ。

D.jpg


後藤さんがみんなの前で殻を開けた瞬間に参加者から、わぁ、と歓声が上がったほどです。

また、牡蠣の殻開けレクチャーは大盛り上がりでした。

C.jpg

ぷりぷりの牡蠣は、素材をダイレクトに味わえる蒸し牡蠣、
オイル付け、パスタや、リゾット、グラタンなどに変身しました。

B.jpg

身が肉厚で、味はとても濃厚でクリーミー。
蒸しただけでも美味しいけど、
グラタンやリゾットなどこってりとしたメニューにも合いました。



新鮮な牡蠣は、いつも食べる牡蠣のような臭みがなく、

身が引き締まってて、味がしっかりしているというのが、私の感想です。


後半には、石巻の現状とこのイベントに至った経緯などを
後藤さんと後藤家の食卓プロジェクトのリーダーのASOBOTの近藤ナオさんに
ご説明いただきました。



A.jpg

養殖業再開した1年目にも関わらず、立派な牡蠣がとれたこと。


ただ、風評被害で牡蠣が売れないこと、



震災後に仲買人が激減してしまったこと、



スーパーでの買い控えによる契約打ちきりなど。


3/11から1年が経ち、自分には、何ができるだろうと
模索している人はたくさんいると思います。

なかなかボランティアに行けない、募金にも限度がある、
何をしたらいいかわからない。



でもこうやって漁師の方の顔を見て安心できるものを、
みんなで楽しく、食卓を囲んで食べるということも、
復興支援に繋がります。



そして、食べ物には全て、丹精込めて作っている漁師の方や、
農家の方などがいる有り難みと、
食の大切さについて再認識することができました。

津波の後の牡蠣は海が栄養に溢れ、よい牡蠣が取れるのだそうです。




ぜひ、まだ5月まで出荷できるそうです。
この機会におうちでも後藤家の牡蠣でホームパーティー、
いかがでしょうか。



後藤家の食卓
HPhttp://ishinomakikaki.com/
後藤家の食卓Facebook:https://www.facebook.com/ishinomakikaki